S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
<< 紅楼の夜に罪を咬む◇清潤寺5◇和泉桂 | | 理不尽な熱情◇いおかいつき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | スポンサードリンク | | cm (0) | tb (0) |
巧みな狙撃手◇松田美優
評価:
松田 美優
大洋図書
¥ 903
(2007-08-30)
<短編集><後書き注意!><サイト掲載作品>

 後書きと作品の関係って気になるなら読まなきゃいいじゃん、という防御も可能なのですが、あるんだもんでついつい見ちゃうのも人情というもの。あえて、見ないほうがいいよーって書くのは実は、煽っている気もするので今までは触れたり触れなかったりだったのですが、これは思いっきり注意報を出させていただきます。
こういうことで作品の良し悪しに影響するのは損ですから。純粋に作品だけを楽しみたい場合は騙されたと思って後書き封印することをお薦めします。
 下手すると、これまでの良かった作品もテンション下がりますぞ。

 んじゃ、後書きと作品を切り離したところで感想です。

 ◇
 全8タイトル
□巧みな狙撃手
社会人攻め×学生受け
いつもの犬を連れた散歩道、顔見知りの男子高生の秘め事を見てしまい……。

んなところでやる奴いるか! と突っ込ませていただきます。が、それがドラマのすべて。攻め視点、攻めの一人称ってのが新鮮でした。

□甘美な試乗
整備士攻め×修理客受け
いきつけの自動車会社からの連絡で修理に出した車を取りに行くと顔見知りの整備士が出迎えてくれる。引渡し前に一緒に乗ってもろもろ確認をと言われなんの疑いもなく同乗するが、自分も乗られてしまう――。

無理やりなのに何故か嫌じゃないノンケ受け。オールドスタイル?

□制裁
教師攻め×生徒受け
生徒と教師という設定が、どこか旧作を彷彿とさせました。ベースになってるのかもって感じです。

こんな先生嫌です。

□トモダチカンケイ
トモダチ同士 攻め→受け
こういう若者のやりとりは作者の得意って感じですね。
そして、一方通行な若干無理やりプレイも得意中の得意。

しかし、ワンシーン切りぬいたような尻切れトンボ感が物足りないです。

□犬と餌
893攻め×バイト受け
こちらも、旧作を彷彿とさせられます。
お仕置きと名の下にバイト君をいいように犯す攻め。すみません、といいつつも怒られるような原因をあえて作っているような……。
まさに自己破壊願望。

□死ぬほどキスしてくれ、ベイビー
先輩攻め×小悪魔受け
友達から紹介された後輩は、危ないから近づくなと言われても見てしまったらもう遅い美少年だった。友達と後輩はなんでもないといいながらも、そうでもなさそうで……。ちょっと歪んだトライアングルでもあるあたり、好みでした。
小悪魔なんだけど、不器用そうな受けが可愛い。

□堕ちていく
43歳義父攻め×義理の息子18歳受け
奈良さんのオヤジ攻め絵に萌えました。
作者にしては珍しいおやじ攻め。

□掴み取れない
上記カプ別シーン。
息子18歳はなかなかの小悪魔ですよ。
何気に親父をメロメロにさせて、なおかつ波風立てようとしています。
淫靡でイイ。
歳の差ならではの濃厚な空気がイイ。



初出クレジットがないので、定かではありませんが描き下ろしなどはないようです。
サイト作品に手を加えたとあるので、見覚えのある方もいらっしゃるでしょう。
私は全部お初でした。サイト作品ということが凄く納得できる、短編集なんですが、
ここから膨らませていけそうなのに勿体無いと感じたのは、歳の差カプ! この作品だけ従来の作者というラインを少しズレているので尚更目立って見えました。
ほかは、いい意味でのデジャビュ感があるように作者らしいお話しが詰まっています。
ファンは大喜び、ですがサイトからの熱烈ファンはちょっと一冊分肩透かしでしょうね。
やっぱり新作読みたいでしょうから。

サイトの再掲載や、同人の再録などなど、きちんとクレジットが明記されていれば問題はないはずですが、こちらそういった部分は不親切ですね。

作風が作風なだけに、今回の後書きから受ける影響は結構重いです。
この感想はそことは切り離しましたが、今後は新作出ても飛びつくテンションではなくなってしまいました。
魅力があるだけに残念。
小説<短編集> | 管理人 | 18:57 | cm (0) | tb (0) |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 18:57 | cm (0) | tb (0) |
 COMMENT
 POST A COMMENT









 TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
 TRACKBACK