S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
<< 朱い熱 私立櫻丘学園寮◇橘紅緒 (学園シリーズ:最終刊) | | ふしだらな夜の純情◇雪代鞠絵 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | スポンサードリンク | | cm (0) | tb (0) |
妓楼の戀水◇橘紅緒
妓楼の戀水 (SHY NOVELS 178)
妓楼の戀水 (SHY NOVELS 178)
橘 紅緒,宮城 とおこ
<時代:遊郭><金持ち攻め×遊郭育ち受け>

 舞台は遊郭ですが、受けは色子ではありませんし、BL遊郭ではありません。普通に花魁がいる所です。

あらすじ:親が花魁で客との間に生まれた受けは、そのまま遊郭にひきとられ育てられていたが、その容姿が親譲りで女のようだったので主人にはかなり金をかけられていた。それが、そもそも受けを遊郭にしばりつけ来た客に媚を売り少しでもお金を稼ぎ、これまでの借金返済として主人に払っていた。いつか、完済して遊郭から出る為に。
その容姿のおかげで、客から冗談半分に口説かれることもあったが経験のない受けはゲームのように軽くあしらい、お金だけをせしめていた。だが、ある日初めて訪れた金持ちだという客と目があって依頼、気になってしまう。
花魁が目的で来ている客に、自分の出る幕などないとわかっているのだが……。



後書きに、この遊郭というテーマ? は編集さんからの提案だったと書かれているのが、下種の勘繰りで「気が進まなかったのかな?」と思ってしまうのは、せめてもの抵抗? で遊郭とはいえ変化球だから。BLで遊郭といえば、そこで男とはいえ混ざって身を売っているのがお約束……ですよね? 受けは働きはせど、身体を売ってはいません。ただ、気まぐれに声をかけてくる相手に気を持たせるような態度はとってはいますが。
そんな設定のお陰でちょっと面白いなと思ったのは、その店に来る男性は普通に女性が好きだという事が前提になるんですよね。ちょっと当て馬要素もあるいい味を出している客がいるんですけど、彼はからかうように受けを口説いて遊んでいるのですが、それでもそこに来て抱くのは花魁ですから。いくら受けの容姿が女っぽいとはいえ、本物の女性の味を知っていて、それを求めてくる男の前では受けっていうのはアウトオブ眼中な存在なんですよね……。主人公が基本求められていない環境というのもなかなか清々しいなーと(笑)
で、そんなところは面白く感じたのですが、そのせいか受けが唐突に客であるお金持ち攻めに惹かれてしまうというのが、唐突に感じてしまいました。もちろん、好きになっても相手は女性が好きで、金があるということはいずれ気に入った花魁を身請けするんだろう、という未来が簡単に見えてしょんぼりします。周囲は金持ちだから金目当てでお近づきになりたいんだろうと受けを見ますが、受けはいつのまにか攻めを特別な目で見ちゃっているのでそんな事が出来るわけありません。
すれ違いの関係の中で、気持ちよかったのは受けがはっきりしているのと、うじうじする前に行動に出るタイプだったことです。その分、攻めのほうがややヘタレ要素があって、そんな部分が大きなすれ違いの原因にもなっています。

表紙では想いっきり女装していますが、実際はシーン限定です。イラストは宮城とおこさんでお好みはあると想いますが、私はこのお話の雰囲気にはとてもよくあっていると想いました。特に、表紙の女装よりは通常の髪を下ろしたスタイルのほうがむしろ色気があって好きです。
キャラクター的には、先にもちょっと書いたかき回し役の脇キャラではありますが、上客が凄くいい味を出していて、私はてっきり彼との三角関係になるんだろうと期待していたんですけどね(笑)

攻めは、典型的なお坊ちゃまタイプですが、やる時はやるという感じです。おっとりしているようでも、独占欲などを発揮する時は男らしいです。

作者の文章力もさることながら、装丁も凝っていて綺麗な言葉使いやイラストと合わせて遊郭ならではの現実離れした雰囲気が堪能できます。

ただ、橘紅緒さん作品としては、お話とかキャラ設定とかどこかに一ひねりあるのが特徴のようにこれまで感じていたのですが、そういう意味では『遊郭だけど色子じゃない』の一点だけで(笑)他は安心して読める内容になっていたと想います。
時代物を書く、というのはやっぱり現代物とは違って作者の力量みたいなものが如実に反映すると思うのですが、そこはほんとうに凄いなと想いました。その分、お話がちょっと平凡な印象になってしまったというのもあるかもしれません。
小説<時代・ファンタジー> | 管理人 | 22:59 | cm (0) | tb (0) |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 22:59 | cm (0) | tb (0) |
 COMMENT
 POST A COMMENT









 TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
 TRACKBACK