S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
<< ウチの探偵知りませんか? | | 2008年自分的総決算 小説部門 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | スポンサードリンク | | cm (0) | tb (0) |
天使の誘惑 (ショコラコミックス)
評価:
しおべり 由生
心交社
¥ 610
(2008-12-22)
全五話+番外編+描き下ろしショート

まず、まったく個人的なお話なんですけど、私しおべりさんの作品でちっさいこが出ているものってことでずっと探していたんです。
この前に出たコミックスも「これか?」と買ったんですが見事違っていて、なんでそういう情報がきちんと抽出できないのか、と軽く落ち込んだくらいで。
公式サイトを見てもわからなかったんです。それは自分がバカなのか? 恐ろしいので今となっては確認の為に見に行きたくないw

しかしある意味、この情報化社会でここまで苦労したということは、BLがまだまだ闇に包まれたものであるとも言えるので、逆に安心することなのかも。
苦労の先に萌えがある。

って、無意味な前振り長くてすみません。
興奮状態によくあることのように思えますが、苦労した甲斐もあってこのね、ぷくっぷくほっぺのサトちゃんに出会えた時には、まさに孫を目にいれても痛くないばばあ状態になっていたと思います。
いえ、このコミックスをめくる度にそうなります。

ただ単に挿絵などで見かけるしおべりさんの小さい子に癒されるから、という延長ではないというところがこのお話は素晴らしいんです。
決して、こんなちみっこに萌えはしますが、いやらしいことはいたしません!(若干の未遂はあるが)
表紙を見ておわかりになるように、やらしいことするのはちゃんと大人のカップルです。
てか、当然だけどね。
この三人は、いわゆる普通の家族物ともちょっと違っていて、単純には説明できませんが、最終的には疑似家族のようになっていて、すごくほのぼの癒しパワーが出ているんですね。
子供と動物の出るBLにはとても弱い私ですが、これは完全ノックアウトですよ。

そしてただ設定萌えなだけではなく、それぞれのキャラもツボでした。
攻めは強引俺様攻め、だけどあながち理不尽ではない。受けは、サトちゃん見ると鼻血噴いちゃうちょっとしたヘンタイさんではあるけど、それは今となってはもう母の気持ちだと思えば問題ないと思います。ママとはいえ、決して女っぽいなよった感じではなくしっかり男ですが、美人さんの位置付け。
二人は社長攻めと保育士受けという組み合わせで、雇い主と雇われている側という主従関係でもあり、ある契約上の関係でもあります。
サトちゃんとのかわいいほやほやした生活の中にも、この二人の関係も流れているのですが、これが二人は自覚しているのか、いや作者が自覚しているのかどうかわかりませんが、もうねあっという間に夫婦なんですよ。
っていうか、こういう夫婦の何気ないやりとりの一コマみたいの描くのが、すっごい上手いと思いました。
余計な説明なく、そのコマでイメージできる。そして萌える!
サトちゃんという二人の子供的存在を絡めたら、こういうことあるよね、というお約束のニーズにもしっかり応えてくれていますし。

サトちゃんの表情はどれをとっても、可愛く本当に癒されるし、大人な夫婦カポーにはじれじれしつつもアダルトパートを体当たりで引き取っていますから、しっかりBLとして萌えさせてもらえます。
なんていうか、一冊で複数の楽しみ方が詰まっているという感じ。
しかも凝縮度が高く、大満足です。

おまけでは、成長したサトちゃんも出てくるのですが、それにはおおーなるほど、と。

ぜひ、続きでもっともっと家族になったラブラブな三人を見せてほしいです。

そして、個人的に一番の見せ場はサトちゃんにはとても見せられない攻めの一人ガン射。
可愛い萌えから、アダルトな萌えまでほんとうに萌えマスターだと思いました。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
しおべり由生 | 管理人 | 14:00 | cm (0) | tb (0) |
スポンサーサイト
- | スポンサードリンク | 14:00 | cm (0) | tb (0) |
 COMMENT
 POST A COMMENT









 TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
 TRACKBACK